改善や予防するには|脂肪吸引ですっきりボディーに|体の為にも痩せよう
婦人

脂肪吸引ですっきりボディーに|体の為にも痩せよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

改善や予防するには

頬を触る婦人

年を重ねるとどうしてもできてしまう肌悩みのひとつがしわです。一言でしわと言ってもその種類はいくつかあり、対策するにしてもその種類に合わせてケアしていくことが改善につながります。肌が乾燥するとできるのが「ちりめんじわ」です。角質層に含まれるアミノ酸や細胞間脂質などが減少して、肌の保湿力が低下することで現れます。表情を作る時にできるものが表情を戻しても戻らないしわを「表情じわ」といいます。目尻や眉間にできやすく、肌の形状記憶力が弱ることで引き起こされます。一般的にいわれるものは「真皮じわ」です。肌の深くにある真皮層に刻まれたしわで、老化や紫外線によるダメージなどで皮膚の弾力性がなくなることなどによって引き起こされます。

しわの対策を行う場合には、それぞれの特徴に合わせて治療していくことが大切です。乾燥が原因の場合の対策としては、保湿ケアが重要です。角質細胞間脂質や天然因子を補うことのできる美容成分の入ったケア用品を利用することなどが良いとされています。治らない場合には、皮膚科で保湿剤を薬として治療する方法もあります。表情じわの対策としては、自分で表情の意識をするのと同時に、真皮層の水分量も意識していきます。コラーゲンなど肌の潤い成分を機能させるためには紫外線対策などを行ってきます。皮膚科ではボトックス注射やヒアルロン酸注射などの治療が人気です。真皮じわを改善するためには、表情じわと同じように水分量を保つようにします。また、顔の筋肉が衰えるのも原因のひとつのため顔の筋肉を動かすのも効果的です。病院では、コラーゲンに効果的なフォトフェイシャルやリフトアップなどが人気ですが、定期的に施術する必要があります。